早めの購入でもっと安く!格安航空券の上手な使い方

- 航空券を買うならば28日前までに

航空券を買うならば28日前までに

格安航空券と聞くと、海外旅行をイメージされる方も多いです。
しかし実際には、国内線でもたくさんあります。
国内旅行に行く時にも安く飛行機に乗ることはできます。
では、どうすれば良いのでしょうか。

安く乗るためにはタイミングが重要

航空券をGETするには、とにかく早く購入することが基本中の基本です。
旅行に行き慣れている人にとっては常識ですが、旅館や航空チケットにも早割があります。
もう行く場所も日付も決まっている、そんな方は少しでも早く予約を入れましょう。
面倒くさがっていたり、まだ大丈夫だと思っていたりすると早割の期間を過ぎてしまい通常料金で乗る羽目になってしまいます。
家族4人で行く場合、万単位で違うこともあります。
できるだけ28日前までに買っておきましょう。
お盆やお正月は、2カ月前に売り切れてしまうことも結構あります。
また運が良ければ、直前割というものを利用することもできます。
こちらは早割よりも安く買うことができますが、確実性がありません。
思い立った時に、たまたま利用できたらラッキーくらいに思っておくのが良いでしょう。

比較して買う、は常識

格安航空券を扱っているサイトはたくさんあります。
通常買い物の時、同じ商品を少しでも安く買うにはいくつかのお店で見比べることが有効です。
航空チケットでも同じことが言えます。
最初のサイトで決めてしまわないで、少なくとも3つくらいはサイトを比較してみましょう。
事によっては、1万、2万違うなんてこともざらにあります。
安く購入するには、労を惜しまないことです。

ダイナミックパッケージを使う

ダイナミックパッケージと聞くと何のことか「?」ですが、要は宿も一緒に取ることです。
宿泊予定のある方は、別々に予約するよりも断然お安いです。
単純な足し算ではなく、かなり負けてもらえます。
宿泊先は固定ではないため、いくつかある中から選ぶことができます。
格安で航空チケットを手に入れるには、コツとタイミングがあります。
同じ飛行機に乗るのに、わざわざ高いお金を払うのはもったいないです。
移動にお金をかけるくらいなら宿をグレードアップしたり、お土産を豪華にしたりする方がよっぽど有意義なお金の使い方と言えそうです。

ページ上に戻る

Copyright © 2016 早めの購入でもっと安く!格安航空券の上手な使い方 All Rights Reserved.