早めの購入でもっと安く!格安航空券の上手な使い方

- 格安航空券ってLCCのことじゃないの?

格安航空券ってLCCのことじゃないの?

格安航空券と聞くと、LCCを思い浮かべる方も多いようです。
しかし実際にはだいぶ違いがあるようです。
では両者の違いとはいったい何でしょうか。

決定的な違い

JAL航空券やANA航空券など大手航空便をなんらかの理由で、安く提供しているものが格安航空チケットです。
たいていは閑散期やツアー会社向けに大量に安く卸されてものを指します。
LCCはと言うと、もともとの料金が最初から安いものを言います。
通常の大手航空ではなく、中小や地方限定の航空会社が一般的です。

安い理由が違う

格安航空チケットは安い代わりにいろいろな制約が付きます。
購入後の日付や便の変更ができなかったり、キャンセルが効かなかったりします。
その代わりに安くなります。
一方、LCCは購入後のキャンセルや変更ができるものもあります。
ではLCCの方が良いかと思うとそうではないようです。

LCCは安いけど

enzin
大手の場合、割引料金でもエコノミーでもビジネスでも乗る機体は同じです。
座る席の広さがクラスによって違いますが、エコノミーならばみな同じ広さ、サービスです。
LCCはというと、料金を安く抑えるためにいろいろな工夫がされています。
例えば中古の機体を使ったり、機内サービスがなかったり。
座席の広さも狭く、1つの機体に少しでもたくさんの乗客が乗れるようになっています。
サービスや快適性を犠牲にする代わりに安いのが、LCCだと言えそうです。

LCCにするか、大手の割引を使うか

サービスや快適さを大切にしたい方は、いくら安くてもLCCは避けた方が無難でしょう。
また荷物の多い方なども追加料金がかかることがあり、安いと言い切ることができません。
LCCでは便数が少なく、特定の時間に着きたい人には向きません。
大手航空会社の格安航空チケットですと便数が多いため、到着時間が選べます。
ですが大手の格安航空券の場合、購入後の変更などの自由度はかなり低いです。
日程の変更など可能性がある人はLCCにした方が良いでしょう。
大手とLCCでは、サービス、快適性にかなりの違いがあるようです。
両者の特徴をよく理解して、安く賢く利用しましょう。

≪ 前の記事: を読む 次の記事: を読む ≫
ページ上に戻る

Copyright © 2016 早めの購入でもっと安く!格安航空券の上手な使い方 All Rights Reserved.